スペシャルプログラム★~サイエンス~エタノール船を走らせよう★

9月25日(火)サイエンス「エタノール船をはしらせよう!」

まず、身近にある水の性質について知る実験をしました。

金魚すくいに使うポイに、特別な紙を張りました。
この上に水滴を垂らすと、あら不思議!
水は丸くなってコロコロと転げてしまいました。
「おおー!水は丸くなろうとするんだね!」

丸くなろうとする力、難しくいうと「表面張力」。
水の表面張力は結構強いので、1円玉をそうっと置くと、浮かせることもできます。
(ああ! 失敗して沈むこともあります…)

次にエタノール水溶液の性質について、水と比べて力が弱いことを学習しました。
と、いうことは、水に浮かべた船の後ろにエタノール水溶液を垂らすと、水の張力に押されて…船が前に進む!「おおー!速い!」
水槽の周りをくるくると進む船、面白い!

水とエタノールは見た目は同じだけど、性質は異なることを、船を走らせることで楽しみながら学習できました。