スペシャルプログラム「リレー小説ワークショップ📚」

今日は大好評だった三題噺ワークショップの第二弾!
前回に引き続き、作家の斜線堂有紀先生を講師にお招きして
リレー小説ワークショップを行いました

今回のコンセプトは、
「人からアイデアをもらって長いお話にチャレンジ!」

1月8日に発売された斜線堂先生の新刊は総量、16万字だったそう
なんだか聞いてもピンと来ない数字ですが、
400字詰めの原稿用紙400枚分だと聞いて、みんなビックリ!
しかもそれを一ヶ月で書いたと聞いて一同さらにビックリ!😲
プロの小説家の先生のよう長編を書くには一朝一夕にはいきませんが
今回は「他の人からアイデアをもらう」ことでお話を長く続けることに挑戦してみました♪

まずはそれぞれでお話を書き始めます

ある程度お話が進んだところで、
斜線堂先生が物語を展開させるような一文を書きこんでいって下さいました✨

余裕の出てきた子は、先生特製のお助けカード
(どのような文章にも差し込めるような汎用性の高い一文が書かれています)
を手に、お友達の書いているお話に文章を書き加えたりもしました

お話のバトンを繋いで、心躍る小説がたくさん生まれましたね

3月にも斜線堂先生をお招きしての第三弾を計画していますのでお楽しみに!
次はどんなお話が出来るかな?