【2021夏のプログラム紹介】「じっくりプラモデルday(8/2)」

こんにちは、プラモデル大好き聖学院アフターの森澤です。

余談ですが、幼稚園・小学生と地元の「TAMIYA」のジュニアミニ四駆大会によく出場していつも2位でした。景品として、1位の子供はお店でも高価とされる大きな大きな「ラジコン(おそらく1万円くらい)」そして2位の僕はいつも「携帯型充電池(おそらく1500円くらい)」

「いや、1位と2位の格差(霜降り明星風)」

と子供ながらにいつも思っていました。ちなみに1位の友人は街一番のお金持ちで中学校に上がると同時にアメリカへ。今は某国で経営者なんだとか、そうじゃないんだとか。いまだに勝ち逃げされたことを悔しく思っています、いつか絶対倒したいです(笑)

すみません、いきなり大きくお話が脱線してしまいましたが、今回から7月より開催される「夏休みの聖学院アフタースクール プログラム」について紙媒体では情報が不完全だったな、と思いこちらのブログを利用して補足、詳細を紹介させて頂けたらと思います。

特に今年はアフターでなくても「そもそも普通に生きていても中々体験することが難しい」そんな希少価値と言いますか特殊性の高いプログラムを少し我々も挑戦ということで提案・企画させて頂きましたので是非ともご参加いただけましたら嬉しいです。

※ブログの検索は日々の確認事項を【2021夏のおたより】と、プログラムの紹介記事は【2021夏のプログラム紹介】と記載しておりますので、ブログを読んで頂く際は上記の文字で検索して貰えると早いかな、と思います。参考までに。

今回ご紹介させて頂くのは、前々から取り組みたかった「プラモデルのプログラム」です。今回はある種のβ版と言いますか、子供たちとのびのび、ゆっくり作品が作れたらと思います。

<イベントおさらい>
・8/2(月)イングリッシュルームを予定
・じっくりプラモデルday
・対象:全学年 定員:15名を想定(増員する場合は随時連絡)
 参加費:1,650円(プラモデル、備品代金込み)
・申し込み期間は7/3(土)9:00 - 7/19(月)11:00まで

さて、そもそも「プラモデルってどんな効果があるの?」

そんな声も聞こえてきそうなので嗜好メディア、ルークスさんより一部記事を抜粋させて頂きました。
詳しくはこちら→ https://loohcs.jp/articles/1122

作って、飾って。2度楽しめる

完成した模型をただ飾るだけではなく、プラモデルには2度楽しめる魅力があります。

自分で組み立てて色を塗るという工程を楽しめるプラモデルは、完成品模型では決して味わえない達成感を楽しめます。同じプラモデルでも作り手が違えば、世界に1つだけの作品として完成するのです。

また、自分の好きな対象のプラモデルを飾っておけるのも楽しみの1つです。1つだけでは物足りなさを感じるプラモデルでも、何度も制作を楽しむうちに『自分が作り上げた作品の世界』が広がっていきます。

凝っている人には、地面や樹木・川を作り上げて情景模型(ジオラマ)を作り上げる人もいます。

プラモデルの楽しみ方は人それぞれで、いろいろな可能性を秘めています。だからこそ、年齢・性別を問わず多くの人にプラモデルは愛され続けているのです。

海外でも人気が高い

プラモデルの人気は国内だけにとどまらず、海外でも人気を集めています。2012年前後は韓国・香港・台湾への輸出が多く、ガンダムのプラモデルの人気が高まった影響も受けて、出荷数は増加しました。

2016年では、それらの国に加えて中国・アメリカ・タイへの輸出も増えています。プラモデルの輸出量は年々増加しており、その人気は現在も上昇を続けています。

プラモデルは単なる趣味ではない?

プラモデル制作の工程は複雑

プラモデル制作には、さまざまな工程がかかります。設計図を理解する・パーツを切り離す・丁寧にバリ(材料を加工するときに発生する突起・ゲートとも呼ばれる)をとる・組み立てる・色を塗るなど、『工場生産』にも近い要素が多いのです。

このような複雑な工程を、1人で順序よくこなすスキルがプラモデルには必要です。趣味として楽しみながら、手先の器用さや、工程の管理能力なども磨くことができるでしょう。

入社試験で採用されたことも

採用する人材の潜在能力を見るために、入社採用試験にさまざまな工夫がされています。そんな入社試験の実技試験で『プラモデル作り』を取り入れ、手先の器用さや協調性をチェックした会社が『バイテック・グローバルジャパン』です。

試験では、1回あたり3〜5名の集団面接形式で行われ、制限時間内にガンダムのプラモデルを1人1体完成させます。実物とは違うイメージで3色以上使って塗装するという制限が設けられていましたが、絵の具は各色1本ずつしか用意されません。

面接で集まった人たちで協力しなければ、3色使って作れないので『器用さと協調性』の潜在能力を見られるのです。入試試験でもプラモデルの世界は役立っています。

集中力アップが期待できる

プラモデルを作ることで脳が活性化し『記憶力・集中力・計算力』が向上するという研究結果がでています。その効果は、覚える対象の文章を音読することよりも記憶力が持続したとも言われているほどです。

このようにプラモデルというジャンルは、人の成長に大きな手助けになり、趣味としてだけではなくスキル向上にも役立つと言えるでしょう。

以上

このように様々な脳への良い影響が期待されるプラモデル。

実際に私の友人にもプラモデルが好きすぎてそのまま大学でプラモデルの講師をしている変わった方もいます(笑)

※ちなみにその方は女性です。最近は女性の技師さんなんかも良くメディアやSNSなどで見かけます。建築系のお仕事についている方は小さい頃にプラモやジオラマが好きだった方も多いですよね。

是非、是非夏休みの思い出に、新しい趣味の扉を開けるコンテンツに、いつか大人になって設計する仕事をしてみたい君に!

沢山のお問合せお待ちしています!

ここまで読んで頂きありがとうございました。

森澤

追記:当日は「ガンダム」「ポケモン」「ジブリ」などのプラモデルを用意する予定です。
参加者全員同じものではなく話し合いを行い自分の作りたいプラモデルを会場にて選んで頂きます。