【2021夏のプログラム紹介(終了)】夏休み・理科実験(冷却パック)

こんにちは!聖学院アフタースクール、藤山です。

今年の夏休みは猛暑でのスタートとなりましたが、

アフタースクールは元気な子どもたちの声で溢れています。

本日は1,2年生対象で理科実験のスペシャルプログラムがありました。

尿素と水を使って、オリジナルの冷却パックを作る実験プログラムです。

ディレクトフォースの先生方はサイエンスのスペシャリストばかりで、毎回丁寧かつ子どもたちの知的好奇心を刺激するプログラムを展開してくれます。

本日も子どもたちは真剣に先生のお話を聴いて実験に取り組みました。

尿素とは何か。

どうして尿素と水を混ぜると冷たくなったのか。

もっと冷たい冷却パックにするにはどうしたらいいか。

子どもたちから沢山の質問が飛び交い、

物事に「なぜ?」と疑問に思うことの大切さを改めて感じました。