【2021夏のお預かりの様子】色々と仕組みを変えています。

こんにちは。聖学院アフタースクールの森澤です。

今日は現場で多く起きてしまったトラブルについて対応のご報告とさせて頂きます。

現在夏休みのお預かりということで、有難い事に毎日たくさんの子ども達に来て頂き、一緒に楽しい時間をすごしています。

さて、沢山の方から「玄関が使いずらい」「物の取り間違えが多い」「紛失が多い」などとお声を頂いていたので、「こういう物質的に解決できることはすぐ取り掛かろう!」と言う事で

ごっちゃごちゃだった入口の靴置き場を。。。

みんなにも沢山お手伝い頂いて。。。

もくもくと行う事30分。。。

つ・い・に!

じゃん!!!!!

一人ひとりのシューズケースを用意しました!(今更感もありますが、、、w)

これで少しでもみんなの取り間違えが減ったら嬉しいなー。

と、いうように、私たちは「面倒くさいことは大切なこと」と意識し、すぐに取り掛かるように心がけております。後回しにして良い事は、本当に無いですよね。。。

どうしても組織の中にいると「これで良いだろう」と悪気なく仕組みや、ルールを修正することが無い事もしばしば。こういった外からの声は非常にありがたく、みなさんで一緒に良い場所に出来たらと、日々思います。

引き続き「ここ、こうした方がよいんじゃない?」というお声、大歓迎です。

リソースが限られている為、すべてに対応することは難しいですが出来る限り改善していきたい次第です。

今日も読んでいただきありがとうございました。

水分補給忘れずに!!!ご自愛下さい。

森澤