【2021夏のプログラム紹介】藍染で気分はタイムスリップ!?技術を通して今を知ろう!

「藍染で気分はタイムスリップ!?技術を通して今を知ろう!」

一秒前はもう過去、生きるという事自体がタイムスリップをしている、連休中本の虫となっていた森澤です(覚えた言葉をすぐドヤ顔で使うタイプです)

みなさん夏の疲れがじんわり出てくる頃かと思いますが、体調崩して無いですか?
しっかり食事をとって、よく眠って、夏後半戦、一緒に過ごしていきましょう。

さて!そんな夏にぴったりの涼しいイベントのご案内です。

この度、聖学院アフタースクールは、藍染師の鈴木先生をお招きして、親子向けの「藍染め」オフラインイベントを企画しました。

ところでみなさん「藍染」に触れたり、話を聞く機会ってありますか?

江戸時代は衣服の7,8割が藍染だったという説もあります。
昔は当たり前に生活の中に溶け込んでいた藍染も今では中々見る機会が有りません。
なぜ、多くの人が藍染を着ていたのでしょうか?

「藍染のお話」では、そんな「実際の藍染作品」などを見つつ触りつつ

「学校では教えてくれない授業」のような面白くも豊かな貴重なお話をたっぷり行います。

さらに、鈴木先生が手染めした無農薬の生地を縫製職人が足踏みミシンで縫製した、「本物の藍染ハンカチーフ」をプレゼントします。

是非親子でご参加頂けましたら幸いです。

ーーーーー

当日のイメージを共有します!

時間

16時 スタート

・藍染ってどんな匂い?▷嗅覚の学び・成長
・藍染で熱中症対策ができる?▷電子機器に頼らない自然との調和の学び・生きるすべ
・藍染って薬なの?▷物事の解像度を上げる知識の学び
・藍染がある美味しいお米も育つ?▷衣食住のつながりについて、循環の学び
・藍染と自然▷ここでしか聞けない心を豊かにするたいせつなお話

17時 終了▷質疑応答の時間をとります

ハンカチーフのプレゼント・質疑応答のアドレス(フォーム?)先の交換、送付

ーーーーー

◆子ども達に期待できる効果・届けたいメッセージ

藍染が身近にあった江戸時代は自然が豊かで、虫も鳥も、陸も海も、そして人々も元気で暮らしていたと考えられています。その秘密を授業で知ってもらえたら嬉しいです!

→温故知新、学校では教えてくれない「藍」を通した歴史と文化の学び

◆関連ハッシュタグ

#未来
#本建て正藍染
#オーガニックコットン
#自然の勉強
#色移りしない

日が迫っていますが、是非興味ある方はご参加下さいませ。
問い合わせは聖学院アフタースクールで構いません。

本日もお読み頂きありがとうございました!

森澤